妊娠中に大人のカロリミットを飲んではいけないのには、どんな理由があるのでしょうか?昔なら妊娠中は2人分食べなさい!と言われて、必要以上にご飯を食べるようにと言われてきましたよね。

しかし、現在は妊娠中に過度に太り過ぎてしまうと、脂肪で産道が狭くなってしまい、出産する時になかなか赤ちゃんが出てこれなくて、赤ちゃんが辛い思いをするだけでなく、最悪の場合は障害のきっかけになる場合もあります。

また、過度にカロリーを摂取することで、妊娠糖尿病などを発症させてしまうリスクもあるので、今では妊娠中は妊娠前より7~8㎏程度体重が増えるようにコントロールすることと体重管理を厳しく指摘されるママさんも多いでしょう。

しかし、妊娠中はどうしてもお腹が空いてしまいますし、激しい運動もすることができないので、なかなかうまく体重管理をすることって難しいですよね。大人のカロリミットを使えば、簡単に妊娠中の体重管理ができそうなのですが、大人のカロリミットは妊娠中に摂取してはいけないと決められています。

その理由とは一体なぜなのでしょうか?

妊娠中に大人のカロリミットを摂取していけないのはなぜ?

大人のカロリミットを妊娠中に使うことができれば、簡単に体重をコントロールすることができるのに、なぜ摂取してはいけないのでしょうか?

大人のカロリミットは脂肪や糖の吸収を抑える効果があるダイエット商品です。

しかし、大人にとっては体重増加を抑えることができて嬉しいのですが、妊娠中は赤ちゃんがどんどん栄養を補給していかないといけない時期なので、糖や脂肪の吸収を抑えてしまうと赤ちゃんに栄養を届けることができません。

妊娠中に大人のカロリミットを使うことはできないのですが、まず一番大事なのは赤ちゃんが健康に育つように栄養を届けてあげることです。大人のカロリミットは妊娠中に摂取することはできませんが、それなら出産して授乳中であれば摂取しても問題ないのでしょうか?

授乳中も大人のカロリミットは飲んではいけない?

妊娠中の体重管理に使えないのであれば、出産してから授乳中に産後ダイエットとして大人のカロリミットを使ってもいいのか気になりますよね。

残念ながら大人のカロリミットは授乳中も使ってはいけません。

理由には妊娠中の理由と同じですが、授乳をすることで赤ちゃんに栄養を届けることができるので、大人のカロリミットを使ってしまうと、糖や脂肪などの吸収を抑えてしまうので、赤ちゃんに十分な栄養を送ることができなくなってしまいます。

産後はジムやエステに行ったり、過度な食事制限をしたりできないので、授乳中に大人のカロリミットを使えれば嬉しいのですが、大人のカロリミットを使う時は卒乳してからにしましょう。

間違って飲んでしまった場合は?

大人のカロリミットを妊娠中飲んではいけないと知らずに摂取してしまった場合はすぐに赤ちゃんや母体に悪影響が出てしまうことはあるのでしょうか?

大人のカロリミットは天然成分で作られているダイエット商品なので、妊娠中に飲んでしまったからといってすぐに副作用が起こることはほぼありません。もし、不安なのであれば、担当の先生に相談しても、赤ちゃんに問題が起きていないかチェックしてもらってくださいね。

妊娠中に大人のカロリミットを摂取することはできませんが、出産して、卒乳してからも子育てに追われてなかなかうまくダイエットすることができません。

そんな時に大人のカロリミットを摂取すれば、子育てで忙しい方でも手軽にダイエットを始めることができます。まずは赤ちゃんを第一に考えて、自分のペースでダイエットを始めてくださいね!