大食い 太らない理由 ギャル曽根
元祖大食い女王のギャル曽根さんが太らない理由にはどんな秘密が隠されているのでしょうか?

大食いチャンピオンテレビ選手権など様々大食い番組に出演されているギャル曽根さんは男性でも食べきれない量の料理をぺろりと平らげてしまうことでも話題になり、今は結婚してママになってからもバラエティ番組で活躍されているタレントさんです。

しかし、あれだけの量を食べているのにも関わらず、なぜギャル曽根さんは体型に変化がないのか、太らない理由が知りたいですよね。

食べ方にコツやルールを守るだけで、あれだけ食べても痩せることができるなら、ぜひ実践したい!という方も多いと思いますが、ギャル曽根さんが太らない理由とは一体なぜなのでしょうか?

試合後に吐くので太らないって本当?

あるフードファイターの女性が「大食い選手権は食べた後みんな吐いている」と暴露したことでも一時期話題になりましたが、他の選手はそのようなことがあったのかもしれませんが、ギャル曽根さんが大食い選手権や大食い番組で吐いていたという情報は寄せられていません。

やはり別格なのか、大食い選手権の後もけろっとしていたのは他の選手を覗いてギャル曽根さんだけだったと、当時のスタッフも暴露していました。

吐いているわけでもないのに、なぜギャル曽根は痩せているのでしょうか?

太らない理由はある機能障害が関係していました。

ギャル曽根さんが太らない理由は消化器系機能障害?

ギャル曽根さんの体を番組で医学的に調べてみると、胃や腸の臓器に機能障害が見られました。

食べた物を吸収する力が弱く、すぐに排出してしまうことで、たくさん食べることができたのですね。

実際にギャル曽根さんが本当に食べた物を吐いていないか検証すべく、密着取材を行った番組も放送されましたが、1日にトイレに5回以上行っていたそうです。

その時に吐いた様子はなかったとのことでした。

このようにギャル曽根さんが太らない理由は、食べ方が特殊なわけでもなく、消化器系機能障害によるものだったのですね。

ギャル曽根さんのようにたくさん食べてしまうと普通の人は太ってしまう

元祖大食い女王のギャル曽根さんだからこそ、あんなに多く食べても太らない理由が分かりましたね。

そのため、ギャル曽根さんのように大食いをしていると、普通の人であれば食べた物の栄養をそのまま吸収してしまうので、当然太ってしまいます。

太るだけでなく、あれだけ大食いを繰り返していると今は健康な消化器系でも、いずれは消化器系に障害を起こしてしまう可能性があるので、無理に食べるのはやめてくださいね。

出産後に太ってしまったのはなぜ?

いくら大食いしても太ることがなかったギャル曽根さんですが、出産時はしばらくぽっちゃりしていましたよね。

今では少し体重は戻ったようですが、それでも妊娠前と比べると以前のガリガリ体系ではなく、健康的な体型になられました。

出産を経験した多くの女性なら分かると思いますが、出産を機に体質が変わってしまうことってありますよね。

大食い女王のギャル曽根さんも出産をしたことで、体質が変わり、以前よりは栄養を吸収するように体が変化した可能性が高いです。

今でも大食い番組に出演し、相変わらずの食べっぷりを発揮している彼女ですが、今の体型のほうが健康的で視聴者からするとこちらのほうが安心して見ることができますよね。

ギャル曽根さんの太らない理由は一般の人はマネできないので、少し残念ではありますが、大食いは健康にも良くないですし、今は良くてもある程度の年齢がきてからツケがくる危険性も。

栄養バランスの摂れた食事を意識して摂取し、健康的な食生活を送りましょう!