食べ過ぎた食事の糖質をなかったことにしてくれるダイエットの強い味方のカロリミット!

成分について調べてみると、ダイエット効果の高い有効成分が豊富に含まれており、こんなにも効果があるなら逆に副作用の心配もあるのでは?とちょっと心配になりますよね。

口コミを調べてみると、カロリミットを飲んで下痢や便秘などの症状が起こる人もいることから、カロリミットを飲むとお腹痛い!下痢や便秘を起こしてしまう!などの悪い口コミも…

しかし、カロリミットの多くの口コミはダイエット効果があったと高評価の声が多いのですが、カロリミットを飲んでお腹痛いことがあるのでしょうか?

カロリミットでお腹痛い…本当に便秘や下痢になることがあるの?

カロリミットを飲んでお腹痛いと悩んでいる人はやはり少なからずいるようです。

しかし、なぜカロリミットを飲んでお腹痛い、下痢や便秘などの症状を引き起こしてしまうのでしょうか?

カロリミットには直接便秘や下痢を引き起こすような危険な成分は入っていません。

ですが、カロリミットには桑の葉などの作用で便通を促す効果がある成分が含まれていることから、もともとすごくお通じが良い方は初期症状で下痢になる可能性もあります。

また、便秘に関してはカロリミットの効果として食べた物の吸収を抑える働きがあります。

そのため、便秘症の方も初期症状として便が出づらくなることがあります。

しかし、下痢や便秘の症状は多くの場合が飲み始め~2週間までにはほとんど治まるので、長く飲み続けていると治まっていく症状なので安心して飲み続けてくださいね!

長く続けてもやっぱりお腹が痛い…カロリミットの使用は止めるべき?

飲み続けると下痢や便秘の症状は徐々に緩和されていくはずなのですが、長く飲み続けているのにどうしてもお腹痛い…もっと続ければ効果が出るかもしれないと悩むところですが、この場合はどうすればいいのでしょうか?

もしかすると、カロリミットとは別の原因でお腹痛いという症状が起きている可能性もあるので、ある程度飲み続けていても症状が変わらないのであれば、カロリミットの使用を一時中断して様子をみましょう。

カニやエビなどの甲殻類アレルギーの可能性あり

カロリミットに含まれているキトサンはカニやエビなどの甲殻類から抽出した成分なので、甲殻類アレルギーをお持ちの方がカロリミットを飲むと、下痢になる恐れがあります。

そのため、甲殻類アレルギーの人はカロリミットの使用は止めておきましょう。

お腹痛いのが治らない…?間違ったカロミットの飲み方が原因かも

カロリミットを正しく飲んでいれば、ほとんどの人が便秘や下痢を起こすことなく、安心して毎日飲むことができるダイエットサプリです。

しかし、早く効果を出したいからと適量以上に飲んでいると、効果が出過ぎてしまい、下痢や便秘などを引き起こす可能性があります。

たくさんカロリミットを飲み過ぎてしまうと体を壊す危険性もありますし、いっぱい飲んだからといって、さらに効果がでるわけではありません。

健康的にダイエットを続けるためには、正しい飲み方でカロリミットを飲んでくださいね。

カロリミットを飲むとお腹痛い…という噂の真相にはこのような原因があったのですね!

これらのポイントに気をつければ、カロリミットを飲んで便秘や下痢になることはほとんどないので安心して続けましょう。

どうしてもカロリミットを飲むとお腹痛い場合は、使用を中断し、それでも症状が緩和されない場合は、自分ではアレルギーを自覚していない可能性もあるので、一度病院で診察してもらいましょう。

カロリミットは正しく飲めば副作用の心配がない安全のダイエットサプリですが、食物アレルギーの人は注意してくださいね!