よくダイエットに良いと言われますが、ギムネマを飲むと甘みを感じないからです。ギムネマの成分である、ギムネマ酸が味覚に作用しています。ダイエット以外でも成人病にも大変注目されており、血糖値を下げたり血中コレステロール値を低下させる効果も示されています。糖尿病の方にもおすすめです。

ギムネマの摂取量と飲むタイミングは?

サプリメントだと外出先でも摂取できますので、日々美容や健康に気を付けている方にはお薦めです。何時飲んだほうが効果的なのでしょうか?サプリメントやお茶を飲む目的として、糖分の吸収を抑えることです。

なので食事と一緒に摂取するのは避け、食事の30分前までに飲むタイミングを作る事です。健康に良いものですが、以上の事を踏まえ飲むタイミングや量などを気を付けて、是非生活に取り入れたいです。

お茶やサプリメントなど生活に合わせて飲み方や飲むタイミングを変えても良いと思います。摂取量は特に決まりはありませんが、あまり取りすぎると低血糖を起こす可能性がありますので、気を付けましょう。妊婦さんや授乳中の方も控えたほうがいいです。

食前に飲み忘れちゃった・・・食後に飲んでも大丈夫?

ギムネマは糖の吸収をおさえてくれますので、やはり食前に飲むのがベストでしょう。
「糖」というと甘いもの、つまりケーキやアイスなどデザートのカロリーをカットしてくれるイメージを持っている方がいますが、「糖」は炭水化物に多く含まれています。

ですから、ご飯やパン、そしてラーメンなどの麺類を食べる「食前」にギムネマを飲んでいたほうが、効果を発揮しやすいのです。
サプリメントでギムネマを摂取する場合は、食後に飲むよりかは、食前のほうが断然良いので、忘れずに飲むようにしましょう。

ギムネマ茶の場合は、食後のほうが良い場合も

効果としては食前に飲んだほうが良いのですが、「ギムネマ」は葉をそのまま噛むと「甘みを感じなくなる」と言われるほど、味覚に強力な影響のある葉なんです。

ですから、ギムネマをお茶として飲む場合は、食事があまり美味しく感じなくなってしまう恐れがあります。ギムネマ茶の場合は、サプリメントよりも作用も早いですし、食後に飲むのもおすすめですよ。

摂りすぎるとどうなるの?ギムネマの副作用とは

糖質を抑える作用があり、糖尿病の治療も使われることで、高いダイエット効果が期待できることで話題になっている「ギムネマ」。
インドや東南アジアで生息しているカガイモ科の植物で、芸能人やモデルの間でも人気が出ているので試してみたいと考えている方も多いのではないでしょうか?

ですが、早く痩せたいからといってギムネマを摂りすぎてしまったことで、副作用を起こす危険性もあるのです。ギムネマを摂りすぎてしまうと、どんな副作用が起こりうるのでしょうか?

鉄分不足

ギムネマには糖質を抑えるだけでなく、鉄の吸収をブロックする作用もあります。
適量摂る分には問題ありませんが、摂りすぎると鉄分が不足することで、めまい、息切れ、食欲減少、顔色が悪くなるなどの体調不良を引き起こす原因になります。

お腹が張る、ガスが出やすくなる

ギムネマを摂りすぎることで、お腹が張る、ガスで通常より多く出る症状が起こりやすくなります。この症状はほとんどの場合は1か月もすれば収まる症状なので、過度に心配する必要はありません。


ギムネマをうまく取り入れることでダイエット効果をもたらすことができますが、過度に摂りすぎると副作用を起こす危険性があるので、適度に摂取するように心がけましょう。

>>【ギムネマ配合サプリ】大人のカロリミットのお試しはこちら