カロリミットは食前に飲むと、食べた食事の糖質を抑えることができ、辛い食事制限をしなくても体重の増加を予防し、ダイエットに効果的な有効成分を補給することができるダイエットサポートして、幅広い世代に人気があります。

しかし、毎回食前にカロリミットを飲まなくてはいけないと分かっていながらも、おしゃべりに夢中になっていたりすると、カロリミットを飲むのを忘れてしまうこともありますよね。

ある噂では食前にカロリミットを飲んで忘れてしまっても、カロリミットを噛むと早く成分を吸収することができ、ただ飲むよりも噛むほうが効果の満足度が高くなるという意見もあるですが、そのような飲み方は本当に正しいのでしょうか…?

噛む飲み方は絶対NG!その理由とは?

何となく噛む飲み方のほうが早く成分が体に吸収できて、効果が実感できそうな気がしますよね?しかし、カロリミットに配合されているダイエット有効成分はただ摂取すればいいわけではありません。

ダイエット有効成分を胃にまで届けることで、糖質の分解力をあげて太りにくい体へと近づけてくれるのです。

胃に届くまでにカロミットを噛む飲み方で摂取してしまうと、せっかくのダイエット有効成分が胃にまで届くことができず、効果は半減、もしくはほとんど効果を得ることができないこともあります。

そのため、食前にカロリミットを飲むのを忘れてしまい、早く効果を出させようと噛む飲み方をするのは止めてくださいね。

食事中、または食後から3時間以内であれば、食前に飲む飲み方よりも効果は薄れてしまいますが、食べた物が小腸に吸収されるのが約3時間なので、ぎりぎり間に合います!

しかし、それ以上に時間が空いてしまった場合は、どのような飲み方をすればいいのでしょうか?

3時間以上空いてしまった日は諦めよう

食事から3時間以上空いてしまってからカロリミットを飲んでも、すでに食べた食事は小腸に吸収されてしまっているので、効果を感じることができません。

3時間以上空いてしまった場合は、その日は諦めるか、次回の食事の際にずらして飲むことおすすめします。

さらに痩せやすく食事方法とは?

カロリミットを食前に飲むことで、糖質をカットして痩せやすくさせることができますが、さらに痩せやすくなる食事法として大事なのが、よく噛むことです。

肥満で悩んでいる人の多くはよく噛むことなく、早食いがクセになってしまっている人も多く、あまり噛むことなく、次々と食べてしまうことで、満腹中枢に信号が届くのが遅れてしまい、お腹がいっぱいになる頃には標準の食事量よりも食べ過ぎてしまうことが多いです。

そのため、カロリミットを飲んで、糖質をカットすることも大事ですが、太る原因となってしまった食事法もこれを機に改善し、よく噛むことで、たくさん食べなくても満足感を得ることができます。

お酒が進んでしまったりすると、ついまたすぐに噛むのを忘れて早食いしてしまいやすくなりますが、噛むことを意識しながら、カロリミットを摂取して健康的なダイエットを続けてくださいね。

カロリミットはどこで買える?

飲み方や噛むことを意識するだけで、痩せやすい体へと習慣づけることができるカロリミットですが、どこでなら購入することができるのでしょうか?

カロリミットを取り扱っている店舗は多く、ドラッグストアや薬局はもちろんコンビニでも買うことができます。

楽天やAmazonのネット通販サイトやカロリミットを販売しているファンケルのオンラインショップからでも買うことができるので、自分の好きな購入方法を選ぶことができるのも口コミで評判の理由ですね。

ダイエットサポートサプリのカロリミットを正しい飲み方を学んで、健康美人を目指しましょう!