夏太り 原因
夏は気温が高いので、汗をよくかきますし、夏バテしまって食欲も減退しがちですが、なぜこの暑い夏なのに夏太りしてしまうのか、その原因を探ってみました!

夏は暑くて外に出るのも億劫…ちょっと外出しただけで汗をかいてしまいますし、夏バテを起こして食事を摂る気にならない方も多いですよね。

夏は痩せるイメージが強いですが、意外と多くの女性が夏太りに悩んでいます。

薄着を着ることが多い夏だからこそ、夏太りは避けたいですよね…

なぜ暑い夏なのに夏太りをしてしまうのか、その原因と解消方法をご紹介します!

夏太りしてしまう原因とは?

原因①水分を多く摂りすぎる

夏バテや熱中症予防のためにも、水分を多く摂っておくことは重要です。

しかし、あまりにも多く水分を摂ってしまうと、余分な水分を排出しきれずに体内でどんどん溜まっていってしまい、むくみを引き起こす原因となります。

適度に水分を摂取することはもちろん大事ですが、過剰に摂取しすぎないように注意が必要です。

過剰摂取を繰り返すことで、むくみが原因で夏太りをしてしまいます。

原因②基礎代謝が減少する

一見、夏は暑いので基礎代謝も上がりそうなイメージがあがりますが、夏の気温は人間の体温と近くなるので、体温を維持するためのエネルギーを使う必要がないので、基礎代謝が下がってしまいます。

冬と同じ生活を送っているはずなのに、なぜか夏太りしてしまう人は基礎代謝の減少が大きな原因となっているのでしょう。

原因③ 過剰なカロリー摂取

夏は暑く、汗をかくからエネルギーを使っているので、普段よりも多く食事を摂ってしまったり、甘いものを食べてしまう傾向がありますが、前述のとおり、夏は逆に基礎代謝が下がってしまうので、他の季節よりもエネルギーを使わないのです。

基礎代謝が下がって、さらに普段より多くカロリーを摂取していれば、夏太りしてしまうのは当然ですよね…

また、昔は夏になると体力がなくなるからたくさん食べなきゃいけないという文化もあったので、夏になるといつも以上に食べないと!と思われている方も多いのですが、今は夏だからといってたくさん食べる必要はなく、逆に夏太りをしてしまうので、食べ過ぎには注意しましょう。

夏太りを解消する方法は?

上記の原因を改善させれば、夏太りを簡単に防ぐことができます。

水も過剰に摂取しすぎない、食べ過ぎないことはもちろんのこと、血行不良を起こさないためにも体をできるだけ冷やさないように気をつけるのも大事です。

夏だと気温が高いので体が熱くなっていると思いきや、ほとんどの方が室内のエアコンの効いた部屋で過ごしていることが多いので、意外にも夏に冷え性を発症させている人も多いのです。

冷え性になることで、むくみやすくなってしまい、夏太りの原因になるので、飲み物はできるだけ温かい飲み物を飲むようにするなどして体を冷やさないように工夫しましょう。

エアコンの効いた室内にいる場合は、一枚カーディガンを羽織るなどして、体を冷やさないように習慣づけてくださいね。

また、暑いので運動はしたくない方も多いと思いますが、基礎代謝をあげるためにも運動は必要です。
ただし、暑い夏に外で運動をしてしまうと、熱中症を引き起こす恐れがあるので、家で軽く筋トレやストレッチをするだけでも十分に効果があるので、自分のペースで無理なく続けてみてくださいね。

夏は薄着になるだけでなく、海やプールで水着になる機会も多いので、夏太りしてしまうことは絶対に避けたいですよね。

簡単な方法で夏太りを解消することができるので、まずは何が原因かを明確にし、体に負担がかからない程度に無理なく改善していってくださいね!