燃えるカロリカット 食後
「脂っこいもの・甘いものが大好きなあなたに」がキャッチコピーの燃えるカロリカットは食べたものを糖の吸収を抑え、脂肪を燃焼してくれることもあり、ダイエッターたちの間で密かに話題になっています。

飲むタイミングについて調べてみると、食後が良いとは情報サイトに出ているのですが、なぜ食後に飲むとより効果を実感しやすくなるのでしょうか?

その理由は一体なぜなのか確かめてみました。

食後に飲むと効果が出やすい理由って?

燃えるカロリカットの飲み方について詳しく調べてみたのですが、公式には1日の摂取目安量くらいしか書いておらず、いつ飲めばいいかなどに記載はどこにもありません。

それなのになぜ燃えるカロリカットは食後に飲むと効果がアップするとされているのでしょうか?

理由としては、食後は胃酸が最も活発に分泌する時間帯なので、より成分の吸収を高めることができるからです。

そのため、食後30分以内に燃えるカロリカットを飲むことで、さらに成分の効果を引き出すことができるのですね。

ただし、食後といっても食べてからあまり時間がたちすぎてしまうと、胃酸の分泌が治まってしまいます。

食後30分以降から燃えるカロリカットを飲んでも効果を十分に発揮することができないのですが、食後すぐに燃えるカロリカットを飲むように習慣化させましょう。

食前に飲むとNG?

食後に飲むほうがいいとされている燃えるカロリカットですが、食前に飲んだら効果はないのでしょうか?

燃えるカロリカットは基本的にはいつ飲んでもいいサプリなので、食前に飲んではいけないというわけではありません。

しかし、胃が空っぽの状態で燃えるカロリカットを飲んでしまうと、成分の吸収力が高まりすぎて、消化器系に刺激を与えてしまうことも…

食後であればまだ食べたものが胃の中にあるので、消化器系に負担を与えることなく、食べた物の糖質や脂質の吸収をうまく抑えることができるのですね。

飲み合わせは何でもいいの?

燃えるカロリカットを飲む時は何と飲んでも問題はないのでしょうか?

説明書きには「少しずつ水などと一緒にお飲みください」としか書かれておらず、水などと書かれているので別の飲み物とでも一緒に飲んでもいいのか分かりづらいですよね。

基本的には水、もしくはぬるま湯と一緒に飲むことで、成分の吸収の妨げを防ぐことができます。

コーヒーやジュースなどと一緒に飲んでしまうと、せっかくの燃えるカロリカットの成分を十分に吸収することができなくなります。

特にアルコール類は成分の吸収を妨げ、吸収する前に排出させてしまう作用があることから、アルコールとの摂取は絶対に控えてください。

たくさん飲んだほうが効果あり?

燃えるカロリカットを食後に水と一緒に飲むことで、効果をしっかりと引き出すことができますが、もっと早く痩せたいのであれば、たくさん飲んだほうが効果的なのでは?と思われる方も多いですよね。

ダイエットを始めるとできるだけ早く理想の体型になりたいと焦る気持ちは分かりますが、燃えるカロリカットをたくさん飲んだからといって効果が倍増するわけではありません。

燃えるカロリカットの摂取目安量は3~9粒となっています。

早く痩せたいからと10粒以上飲んでしまうと、痩せるどころか副作用を起こす原因となってしまうので、過剰摂取には気をつけてくださいね。

燃えるカロリカットは食後に飲むことで成分の効果をアップさせることができ、より早く憧れのすっきりとしたスタイルを手に入れることができます。

自己流ダイエットでなかなか痩せないと悩んでいるのであれば、食事のカロリー吸収を抑え、脂肪燃焼効果のある燃えるカロリカットを試してみてはいかがでしょうか?